振袖で成人式に参加する際のマナー

成人式の歴史

成人式はいってしまえば民族の成人をお祝いする行事です。 民族のそういった習慣は海外などにいけば結構昔からあります。 日本でも無いこともなかったのですが、現在の成人式の形式になったのはそこまで古くないです。 それが終戦の年です。 この年に埼玉県で「青年祭」というのが現在の成人式の元になっています。 終戦により虚脱の状態にあった当時に次代の青年達を祝い、元気を出すためにこれが出来ました。 女性は裳着、男性は元服が昔からあったのですが、今でも男性は男性用の着物、女性は振袖を使用している人がいるでしょう。 ですが、必ずしもそれでないといけないわけではないので、よく考えて成人式を受けるようにしてください。 基本的に成人になった自覚を持つことができれば、楽しく騒いだ方が良いかもしれません。 ただし、節度は守るようにしましょう。

成人式のマナー

成人式のマナーとしては、服装について説明していきます。 男性の服装は、ダークスーツが一般的ですが、羽織袴姿でも問題ありません。 下手な服装や派手目の物は避けたほうが良いです。 女性の場合はほぼ100%振袖ではありますが、別に決められているわけではないです。 スーツやワンピース、ドレスなどでも良いでしょう。 振袖はレンタルなどを使用しても良いですが、結構窮屈やマナーなどに注意した方が良いです。 椅子に座ったり、車から降りたり乗ったりする場合など、よく考えて動作をすることでかなり綺麗に見えますので、マナーなどを覚えておくと良いです。 あと、結構注意が必要なのが、帯が解けてしまった場合です。 ある程度は知っておいた方がもしものときに対処できます。

dre